二児の母リリー。娘たちの喘息の経過や毎日の成長、アクシデントなどいろいろ書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.10 喘息記録②
ルンの喘息は・・・・

あれから、ひどくならずになんとなーく大丈夫な感じ。
まだ、小さいのでホクナリンテープを貼ったところが
かぶれて、赤く痒くなってしまうのがかわいそう・・・。

時々ひどい音の咳をするので、水分補給を欠かさないことは
気をつける最大のことです。

たんが切れる状態にしてあげないと・・・。

あまり、服用に気が進まないけれど・・・テオドールを
夕べから飲ませています。
このテオフィリン系のお薬は、副作用の問題で使用に際しての
慎重論が今、巷で話題となっております。

副作用にも軽度のものからかなり危険なレベルのものまで
いろいろで、言ってみればその人の体質によるみたいです。
あと、服用する時点の症状や全身状態などなど・・・。

私もそのことに関しては、担当してくれているドクターや
かかりつけにしている薬屋さんの薬剤師さんなどに、いつも
相談しています。

幸い、うちの子供たちが処方されているテオドールの今の量からは
心配しなければならないような副作用はないようなので、
ドクターに「調子を見ながら、お母さんが判断して飲ませていいよ」
という、感じになってます。(一か月分ぐらいもらってます)

もちろん、そうは言われても症状によってはテオドール飲ます
よりも、受診しなければならないこともありますし、飲ましても、
吸入しても症状が改善しないときは、病院にいかないといけません
(入院てことになりかねません)。

そんな感じの、微妙なことがドクターとの間で分かり合えている
のは、とても私としてはうれしいことです!

というのも、このドクターの性格にもよるかもしれません。
細かいんですよね。質問するときっちり説明をしてくれるし
私のアイノテ?相槌?もうけいれてくれる。
あと、病気や免疫や医学に関した基礎的な知識も、分かりやすく
説明してくれるし。

そんなんで、私がひとかたの喘息知識を持てるようになったのも
このドクターのおかげともいえます。(もちろん本なんか読みあ
さって、勉強しましたが)

実はケロの持病(というか、既往歴)は、もう一つあって、
1歳8ヶ月のときに「川崎病」を発症してしまったのです。

その入院中にルンちゃんを緊急帝王切開で出産するという、
ハプニングもあって、その当時3人同じ病室に入院してました!
貸切り特別室でした!!(そうじゃないとやってけませんでした・・・)

その後、合併症の心臓冠動脈りゅうを発症していないか?
という検査を定期的に受けています。(現在ほぼ大丈夫!)
その、心臓の担当も今のドクターがやってくださっているので
余計に私としては信頼度◎なのです!

ちょっと、話題が脱線しましたが・・・

ルンの咳は夕べのテオドールのおかげか、呼吸音からして
劇的によくなっています。
喘息っぽい咳の仕方に、夜寝てから1時間後くらい・・・
あと、朝方4時5時くらいに目が覚めるほどの咳き込みが
やってきます。

それを緩和してあげないと、本人は熟睡できないし
家族も相当しんどいことになります。眠ってから、3時間おき
くらいに家庭用ポータブル吸入器で吸入させ、朝も先回りして
咳き込みが始まる前に、眠っている子供のくちに吸入器を
当てながら、そっと朝の吸入をさせます。

なにしろ、どんな病気もですが睡眠はなににも勝る良薬。
そうやって、薬をのませつつ気管支の状態を改善してあげるのです。

で、ルンの場合は様子を見て、できるだけ早くテオドールを
切り上げることが大事だと思っています。
(副作用は全く無いわけじゃないので。食欲減退、不眠など)

早く、治まればいいなぁ~

そうじゃないと・・・自宅でこもって遊ばにゃならん・・・

エンドレス・アンパンマンアンパンの人

「これさっき見たでしょー・・・・ぉ」になっちまう

おおお!長くなっちまいました。。。。。

明日はべつの楽しい記事がかけるといいなぁ~・・・








スポンサーサイト
2007.06.09 記録
ルンちゃんが、夕べから調子悪い。。。

先日から風邪っぽいとは思っていたけど。

眠っているときに、のどがゴロゴロいって
たんが溜まっているみたいな。。。

咳はときどき。
でも、たんの切れていない苦しそうな咳。

咳のせいで吐きそうになるし。

・・・これは、喘息っぽい!
ゼロゼロにちかい。。。。

でも、起きているときは元気でなんとも無い。

お昼ねでは、とうとう咳で嘔吐してしまって、目を覚ました。

今夜はホクナリンテープ貼って寝てます。

眠ってから(起きていると動いてできないので)
メプチンとインタールの吸入もしました。

でも、今(もう0:00近い)ゴロゴロ、ゼイゼイしながら
眠っている。(まだ、眠れているからいいんだけど)


・・・ルンちゃん、今2歳10ヶ月。
喘息って、2歳くらいから本番だったりする。

ケロのときは、母からの免疫が切れたころから
毎月(ひどい時は月に二度も)熱を上げたり、咳がひどくて
病院通いが止むことがなかったっけ・・・。

そして、2歳半ぐらいで初めて本気の喘息発作を
起こして入院して、それからは喘息管理&コントロールの
日々で・・・今はほぼ、コントロールついているに近いです。

あの、ステロイドの吸入薬パルミコートを使用し始めてから
特に、調子がいいです。


そんなケロに比べたら、ルンは強かったから、
あるいは喘息も、事も無くやり過ごすんではないかと
希望を持っていた。というか、願っていた。。。。

思い当たる節は・・・気圧かな。
明日は雨になるんだそうで、今気圧の谷間。
そういうの関係あるって、聞いたことも読んだことも
あります。

ケロに鍛えられたおかげで、だいたいの喘息症状
に対応できるくらいの知識や技を身につけたので
そんなに慌てたり、必要以上に不安にかられたり
しませんが、苦しそうな寝顔を見る辛さはしんどいもんです。

でも、きっと、ルンも4歳すぎて、大きくなるにつれて
強くなっていくんでしょう。。。。
辛抱強く、母は見守ることしかできません。。。

バカ親リリーは、思います。
子供に望むことはなにもないって。
ただ、元気に健康で子供らしくやりたい放題でいいって。。。。


今日は私がブログを始めたきっかけの一つが
「喘息記録」だったことを思い出して
したためてみました。。。




SSC_0060.jpg

<ルンちゃん、おはじきで遊ぶ:ブレブレ・・・だ>



カメラ入手してしまいました。
マニュアル片手に四苦八苦してますが・・・
面白くて・・・やはり、好きです。カメラ。

今までも、一眼レフ使っていたんですが、なにしろ
フィルム買ってきたり「焼き」に出したり。。。
コストかかりすぎ!!
子供の写真撮りたくても、断念してきました。

でも!デジタルなら何度も撮りなおせるし、なんたって
編集や補正できるし、アングル切取りできるし!!!

って、そんな時間を捻出できるか!?が、目下の
問題でしょうか´д`トホホ
喘息のためのステロイド吸入薬”パルミコート”を使用
しはじめてから三週間くらいになります。

ケロは嫌がりながらも、10分程度の吸入を毎日一回しています。
朝やるか夜やるか、試してみましたけど夜がいいようです。(寝る前)

やはり、四歳にもなればその必要性を説明すれば(説得)
応じてくれるようになりますね


今となっては、毎日お薬を飲むことで自分が喘息で、何かしらの
治療が必要だって言うことは、説明しなくても分かってきて
いるので、そんなに説明もてこずりません。

ただ、問題が・・・
口内炎を起こすので、吸入後のうがい(または何か飲む)をしな
ければいけないのですが、カップ式の吸入器 ↓

F1000106.jpg


だと、口の周りにも薬が付着するので口唇炎ができてしまいました。
気をつけて、吸入の終わりには口の周りも拭いたりしていたのですが。
ヘルペスとも違う・・・独特の小さいプチっとしたものができてい
ました。

その後は、吸入器のノズルをくわえるもの ↓ に変えてやっています。

F1000105.jpg


そして、吸入後のうがいも沢山するようにしました!
なにか飲むだけじゃぁ、やはりダメみたいです。


F1000094.jpg


簡単にパン作りマシーンでパン生地までつくり、
あとは、みんなでコネコネ!


F1000096.jpg


つまみぐいしているけろちゃん!
まだナマですが・・・・


F1000091.jpg

F1000090.jpg


これをオーブンでやきまして・・・

あ、続きはまたあとで・・・・(ルンちゃんウンチだって絵文字名を入力してください
F1000099.jpg


これ↑↑が出来上がった、ほうれん草とツナのピザでっつ^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。